サロンかクリニックかそれとも家庭用脱毛器か

ムダ毛の処理は女性にとってとても厄介な作業ですね。
永遠と続くムダ毛の処理から解放されたいと、永久脱毛をする人も増えています。
脱毛サロンや美容クリニックに通う人、あるいは家庭用脱毛器を購入して自分でしている人もいます。
それぞれメリットやデメリットがあるので、十分に理解しておく必要がありますね。
クリニックつまり医療機関で使われるレーザー脱毛器は、医療用なのでサロンでは扱えません。
毛根そのものにダメージを与えるので永久脱毛が可能です。
ピンポイントで脱毛でき早い場合は5,6回通うだけで脱毛できるのがメリットです。
ただし痛みがあったりかさぶたができる場合があるのがレーザーの特徴です。
サロン脱毛は一般にフラッシュ脱毛というもので、特殊な光を照射してムダ毛にダメージを与えるものです。
照射面が広いので腕や脚、背中なども簡単に、また痛みなどがないことも人気の理由です。
ただし威力は医療用レーザーよりも弱いので、回数も必要です。
10回以上長期にわたる場合もあります。
家庭用の脱毛器は主にフラッシュ脱毛ですが、医療用より弱いレーザーや超音波なども開発されています。
手軽で好きな時間にできることが最大のメリットでしょう。
ただし出力が弱いので何度もしなくてはいけないこと、永久脱毛にはならないこと、自己責任で行わなければいけないこと、カートリッジ交換や専用美容液が必要なものもあるところがデメリットです。
どの部分を脱毛するのかや毛の量、費用面、肌の性質によって自分に合ったやり方を選ぶことが大事でしょう。